カトリック洲本教会のあゆみ

shapeimage_2

1910年(明治43年)に、兵庫県下ではじめて宣教を行ったペリン神父は、1920年(大正9年)には淡路島での宣教を開始しました。その後、下山手の助任司祭であった浦上神父に引き継がれ、巡回教会として、韓国人信徒2家族が居住しました。

1927年(昭和2年)には鷹取教会のジュピア神父が宣教をはじめ、1933年から39年(昭和8年から14年)に鷹取教会の助任福田神父と伝道師高橋氏が淡路島に渡りました。

第2次世界大戦後、信仰の自由が戻り、宣教活動が活発になり、1942年(昭和17年)には、淡路島は新設された神戸垂水教会の宣教地域となりました。その後、ヘンリ・ウンテルワルド神父とベルゼス神父が来島し、信徒宅を仮教会とし、以降は来島してはミサを捧げるようになりました。

1953年(昭和28年)に、パリ外国宣教会のヘンリ・ウンテルワルド神父が正式に洲本に赴任し、1955年(昭和30)には、信徒宅を仮聖堂として、小教区として活動を開始しました。

1957年(昭和32年)、現在の場所(洲本市物部)に聖堂、司祭館、附属家屋が完成し、田口司教(後の枢機卿)により祝別され、翌年の1958年(昭和33年)には、聖母被昇天修道会が隣地に保育園を開設し、洲本市千草に教会墓地の土地も購入しました。

1965年(昭和40年)には、聖母被昇天幼稚園が開園されました。

1979年(昭和54年)パリ外国宣教会のヘンリ・ウンテルワルド神父が、26年間の赴任を終えフランスに帰国、その後ブルゴス会管区長ビデガイン神父が着任。
1982年(昭和57年)、献堂25周年を迎え、献堂25周年記念誌が発行されました。

1986年(昭和61年)、シリロ・オラデレ神父が主任司祭となる。

1993年(平成5年)、カトリック洲本教会墓地が完成しました。

1995年(平成7年)に起こった阪神・淡路大震災によって、聖堂外壁に亀裂が入り修復工事、聖母被昇天修道会の修道院は使用不可能となり解体しました。
シリロ・オラデレ神父が赴任を終え、ベンジャミン・オルタゾン神父が就任。

1997年(平成9年)、ベンジャミン・オルタゾン神父が赴任を終え、洲本教会主任司祭にパリ外国宣教会のグイノ・ジェラール神父が就任しました。

1999年(平成11年)、聖堂内の一部改修。

2000年(平成12年)、洲本教会が大聖年の巡礼教会に指定される。

2002年(平成14年)には聖堂入り口へのスロープ設置、扉の拡大、翌年2003年(平成15年)8月15日にはファチマの聖母像祝別式、墓地参道改修などが行われました。

2004年(平成16年)10月、台風23号による水害で、聖堂、司祭館、ファチマ会館(信徒会館)が床上浸水、被昇天修道院と幼稚園も床上浸水しました。この年12月には司祭館の解体工事が始まりました。

2005年(平成17年)に園児の減少により、被昇天幼稚園は閉園となり、聖母被昇天修道会洲本修道院も閉院となりました。 同年5月に洲本教会の広報誌 “あわじのいきづかい” が創刊され、同年9月、聖堂内ステンドグラスの改修工事が行われました。

2006年(平成18年)には、1月に司祭館の祝別式が行われ、6月には主任司祭のグイノ神父の叙階30周年記念行事として長崎巡礼の旅、7月には教会の鐘を建設「ヨハネ・ヘンリの鐘」の祝別式が行われました。

2007年(平成19年)、洲本教会はモンゴル国ウランバートル教会と姉妹教会となり、5月には献堂50周年記念式典を開催し、50周年記念誌“絆の恵み”を発行し、盛大に祝われました。

2008年(平成20年)5月、国際交流の日に大阪カテドラルの隣地(越中公園)で開催されたイベントに、洲本教会の信徒たち(日本人・フィリピン人)で阿波踊りで参加をしました。

2010年(平成22年)7月池長大司教の司式で堅信式が行われました。

2011年(平成23年)4月、パリ外国宣教会のグイノ・ジェラール神父が14年間の赴任を終え、洲本教会としては始めての日本人司祭である中川明神父が就任しました。

2011年(平成23年)6月、洲本教会の広報誌 “あわじのいきづかい” から “かもめ” に名称が変更され、新たに創刊されました。